2013年03月27日

カレーかマーボーか?

松屋のマーボーカレー。

これはカレーか、マーボーか??

まぁ、食べてみれば分かることだろう。

20130327_1.jpg
並 490円

お味としては、カレーというよりややマーボー豆腐に近い?
カレー風味のマーボー。

ルーはひき肉とのペースト状になっており、旨いがかなり味が濃く、そして辛い。

よってご飯がガンガン減っていく。


具は豆腐とニンニクの芽。

ニンニクの芽は量は僅かだが、見た目はいい。

豆腐は嵩増しと辛味分緩和担当、といったところか。


食べてる時はそうでもなかったが、食べ終わってしばらくたつとなんかもう一度食べたくなる中毒性あり。




posted by Curry_FX at 07:45| Comment(3) | TrackBack(0) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

Damiani心象風景

もし、自分のトレードに対して、これはノイズであろう、という動きが判別できれば無駄打ちが減らせる。

だが、ノイズという概念は真面目に考えると案外難しい。

と思いきや、これがノイズですよ。とアッサリ言い切っているインジケーターがある。


20130314_1.gif
下段 : Damiani_volatmeter.mq4。 短期Period = 13


このインジケーターの基本計算は以下のようになっている。


短期ATR/長期ATR > 任意の値  -  短期標準偏差/長期標準偏差  : Trade
短期ATR/長期ATR < 任意の値  -  短期標準偏差/長期標準偏差  : Not Trade


ズバリ表示されている通り、式の右側部分を "ノイズ" と定義しているわけです。

つまり、DamianiさんはATR比率が閾値より低い時はトレードするべきではないと考えている。

ここで、ミソとなるのは閾値に対し、標準偏差比率で補正をかけていること。

ATRと標準偏差の違いをつらつらと考えてみると、Damianiさんの心象がなんとなく、見えてくるかもしれません。


なお、Damianiさんのサイトに行くと、Damiani_volatmeter の最新版(V3.2)が拾えるが、Codeは非公開の模様。


 続きを読む
ラベル:Damiani_volatmeter
posted by Curry_FX at 20:30| Comment(7) | TrackBack(0) | EA&Indicator Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

試作スパイシーカレー

松屋。
オリジナルカレーとは違う、店舗限定の試供品。

20130303_1.jpg
350円

無印では具なし。
ルーはサラサラで、旨み・辛味ともに強烈。

+140円するとグリルした小ぶりのチキンがトッピングされるという構成らしい。

評判がよければレギュラー化ということだろうが、ちょっと辛すぎるかな。
個人的にはまた食べたいが。

 
posted by Curry_FX at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

Origine Mode

ディケイド「相も変わらずヒトマネか。お前らしい、せこい作戦だ」

ディエンド「心外だなぁ。頭脳的、といって欲しいね」


20130213.gif
Z-CuneMA_v06 Origine Mode

http://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20100806/1281024551

パクリと侮るべからず。
その過程には、きっと色々と得られるものがありますよ。

・・・たぶん。


20130213_2.gif
ちなみに、現在の日足AUDNZDは売りシグナル点灯中。

AUDもNZDもお友達と言うこともあり、調達系通貨に対しては同じような動きをするが、個々に見ればこれだけトレンドが出ている。

乖離に起因するファクターが見つかれば、儲かるかもしれんね。
結構絞られると思うが。


posted by Curry_FX at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | Z-CuneMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

ドル基軸派のCu-chart

faiさんKu-chart(Z76版以降) はドルストレート通貨の合成によって算出されている。
よって、単にドルストレートの対数変化率チャートを並べただけでも、当然ながらKu-chartと比較して欠落している情報はない。

感覚的な話として、むしろドルストレートしかトレードしない、という場合はCu-chartの方が使いやすいこともあるでしょうね。
実際、それでトレードしている方もおられますので。

というわけで、以前微改造した作った Cu-Chart_Lite_a_USD をアップしておきます。


20130210_1.gif

USDがquote側に来ないペアを同列比較するためにReverse機能をつけてあります。
当然ながら、シンボルを書き換えればドルストレート以外にも使えます。


■使い方
Reverse_idx* = True で反転。

ポカよけの為、Reverse中はシンボルの前に -1 の表示が出ます。
その他は Cu-Chart_Lite_a.mq4 とだいたいおなじ。


なお、ダウンロードは自己責任で取り扱い出来る方のみとします。


Cu-Chart_Lite_a_USD.mq4


自己責任っていうのは、

「こっちのCodeが違ってたり、使う側の解釈違いやその他何らかの環境的な不足によりトレードが意図しない結果になったとしても、当方は責任を負いません」

ってことです。
よろしくね。

posted by Curry_FX at 13:28| Comment(5) | TrackBack(0) | Cu-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。