2012年12月03日

合成Ku-powerの4本値

一般的なビジネスの世界では…

ありきたりの製品(サービス)を普通の価格で、普通の時間帯に普通の場所で売っていたらせいぜいトントン。
儲かっている会社には、ありきたりではない「なにか」が付加価値としてある。

例えば、それは「品質」だったり「価格」だったり「シェア」だったり「スピード」だったりするわけだが。


さて。

「合成Ku-powerの4本値」を表示するインジケーターのお試し版。
Ku-powerをみながらプライスアクション風トレードがしたい人に。


20121203_1.gif
Ku-chart_candlestick_v00.mq4  サブウィンドウに Ku-JPY

合成通貨の対数変化率ベースの平均4本値を拾いに行くので、データ蓄積する必要なし。

・・・本当は00-chartみたくしたかったんだけど、気合が入らなくて断念。
手抜きローソク風表示となりました。


結構無理をしているせいか、LowプライスがCloseより上になっちゃうとか、値が所々ヘンだったり、余分なCodeが残ってますが、適宜、改良ください。
(還流・ダメだし歓迎です)

続きを読む


posted by Curry_FX at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | Ku-chart改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

US30の相対力

ずいぶん前に頂いたコメントですが。


Posted by L at 2012年05月30日 23:51
>こんにちは、最近ku_chart見方がわかったおかげで勝率が上がって来ました。
>そして、過ちも一つ気づいてしまいました。
>その過ちとは・・・
>cu_chartで例えばWTIやSGを見たとしても
>それでドル円やら、ポン円が牽引されたり、されなかったりすんですよね。
>そもそも、kuchartはAUD,USD、JPY,GBPに絞って
>その中での純粋な強さを表示しているから
>USDのみ JPYのみをみてトレード判断ができるんですよね。
>ということは・・・cu_chartでWTIやらSGみても
>意味がないんじゃ・・・ただの一日の変化率であり、相対的な強さとはいえないんじゃ・・・
>せめて、AUD,USD、JPY,GBPの中に入れて計算しないと意味がないんじゃ・・・と思っているのですが



Ku-Power の特性は


「値の総和が0、向きの総和が0」 


為替の取引は通貨交換なので、1つのKu-Powerだけが動く事はありえなくて、相対するKu-Powerも動くわけです。

一方、US30の取引は Ku-power には影響を及ぼさないこともある。


ここが 「牽引されたり、されなかったり」 というところかと。

すなわち、通貨以外のものを「Ku-powerの算式=裁定式」に組み込むことには無理がある・・・というのが自分の認識です。

以上の前提の上で、Ku-NZD の代わりに US30 を組み込んだKu-chart。


20120922_2.gif


各Ku-powerとUS30の相対関係が擬似的に表現される。


正しくないから使えない・・・というのもまた誤りで、少しくらい不正確でも問題ない、ということは世の中往々にしてある。
US30が動くときは連動してKu-powerも動く可能性は高いといえるだろうから、相対的に見た方が「より勝ちやすい」。

・・・かも知れず?


Ku-chart-Maker2a_Lite_Dow.mq4


■注意点
・オフラインチャートは出力しません。
・ダウがみれるブローカーでしか動きません。(当たり前・・・)
NZDUSD="#YMU2" をご自分のブローカーのシンボル名に書き換えてください。
・US30以外の銘柄を入れる場合、Quote側が "USD" になっている必要あり。
・基点指定はパラメーター画面で日時入力のこと。V_line ドラッグでは動きません。
・Ku-chart-Maker_mod_T2_Fibo_R2_PULS_Real2 とは、計算方法が違います。
・faiさんのcodeを改造させていただいてますが、ここの内容をfaiさんに問い合わせることはご遠慮ください。


続きを読む
ラベル:相対力 US30
posted by Curry_FX at 06:23| Comment(15) | TrackBack(1) | Ku-chart改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

ドラッグで基点変更が出来るKu-chart

ku-chartとIndexesv7Lは違うんです。

…分かってはいるけど、「ドラッグで基点を変更出来る機能」が便利すぎてIndexesv7Lを手放せないよー、という御仁もおられるようですね。

というわけで、V_Lineドラッグで基点の移動が可能なKu-chart。



20120910_2.gif



「Ku-chart-Maker2a_mod_T2_R_Lite_Reverse_a」に「Ku-chart_Z76a」の機能を組み込んだもの。
以前配布したTime2と違い、Tickがない時でも時間足を変える事によって即座に基点変更を反映させることが可能。


ダウンロードされる場合は、いつものルールで。

・「完全自己責任」
・「faiさんのブログ・ツイッター等でここの内容の質問をしないこと」


Ku-chart-Maker2a_mod_T2_R_Lite_Reverse_Time3.ex4

続きを読む
ラベル:Ku-Chart
posted by Curry_FX at 03:31| Comment(23) | TrackBack(0) | Ku-chart改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

カレーフリーク専用Ku-chart

ある方から「ちょっと扱えない」と言われてしまった要素を含むシロモノ。
確かにわかりづらい面もあったので、インターフェースを若干改良して実装している。

20120816_1.gif


通常版との「差」についてはまだ確認中。(いろいろあってなかなか進まない)
ただ、ダウとか見てトレードしてる人は多いでしょうが、こういう風に見ている人はほとんどいないであろう、とは思いますね。

なお、限定配布したものとは逆で、「通貨成分除去」即ち計算上の「加算」をしてます。
理由については割愛! (おぃ


※意味分かんねぇけど気になる、という人は過去ログ&くーちゃんを待つブログとかを読んでみてくださいまし


ラベル:Ku-Chart
posted by Curry_FX at 06:59| Comment(4) | TrackBack(0) | Ku-chart改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

大それたインジ(仮)

Ku-powerを分析して売買シグナルを出すインジケーター。
大それたインジかっこかりとらいある。 

アレに組み込まれているプロトタイプ…のお試し版。


201200806_4.gif
見た目はシンプルだが、裏ではKu-chartのフル計算+シグナル判定を行っている。

表示されているのは、上から順に「基点時刻,MA計算期間,各Powerのシグナル」です。


201200806_3.gif
Ku-powerと同時に表示したところ。

なお、シグナルの判定方法は画像を参考に考えてみてくださいませ。

続きを読む
ラベル:Ku-Chart
posted by Curry_FX at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Ku-chart改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。