2012年01月25日

通貨の強弱インジケーター

唐突だが、"カレーマン" というハンドルだと国民的おこさま人気アニメの某キャラと被ってしまう。
・・・ということで、本日よりHNを "Curry_FX" に改めます。


さて。
通貨の強弱インジケーターといえば Ku-chart や 00-fxStrength_v102 が有名だが、他にもあり枡。

20120125_1.gif
上から CCFp, G7_USD, Sentiment_all_v2, Ku-chart_Z76

続きを読む


posted by Curry_FX at 22:53| Comment(12) | TrackBack(0) | Ku-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

Ku-Momentum を利用したシステム

成績的には「ビミョ〜」だが、「Ku-momentum」を使用したシステムをご紹介。

(2012.1.29追記)下記のシステムでは「Momentumに対して対数変化率」をとりましたが、「対数変化率に対してMomentumを計算する」のが正解だそうです。
記事は一応残しますが、ご注意ください。

システム名: AUD_Ku-Momentum_Reversal
通貨ペア: AUD/USD
テスト期間:  2009/1/1 - 2011/12/31
初期資金: 10,000USD
獲得利益:  +27,200 pips *
総損失:  -22,5748 pips *
総利益:  +4625 pips *
PF: 1.20
最大ドローダウン: -11% 

* スプレッドとして2pipsを考慮済

続きを読む
ラベル:Ku-Chart
posted by Curry_FX at 23:05| Comment(7) | TrackBack(0) | Ku-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

VIX vs Ku-Power 相関係数

VIX(Close) vs Ku-Power の相関係数。

20111117vixcolse.GIF

普通の相関係数だけだと、ちょいと使いにくいでしょうな。
計算方法を工夫すると吉かもしれない。

posted by Curry_FX at 05:41| Comment(4) | Ku-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

MT4用Ku-chartをCSV化するスクリプト

タイトルまんまですが。

================================================================
// パラメーター画面呼び出し
#property show_inputs
// 外部パラメータ
extern datetime StartTime; // 開始日時
extern datetime EndTime; // 終了日時
extern string customind = "Ku-chart_Z76";//呼び出し先indicatorのファイル名 
extern int iperiod = 1440;//呼び出し先indicatorの時間足 1,5,15,30,60,240,1440,10080,43200

double EURAV,USDAV,JPYAV,CHFAV,GBPAV,AUDAV,CADAV;

// スタート関数
int start()
{
// ファイルオープン
int handle = FileOpen(Symbol()+Period()+".csv", FILE_CSV|FILE_WRITE, ',');
if(handle < 0) return(-1);

// 出力範囲の指定
int iStart = iBarShift(NULL, 0, StartTime);
if(EndTime == 0) EndTime = TimeCurrent();
int iEnd = iBarShift(NULL, 0, EndTime);

// ファイル出力
FileWrite(handle, "Date", "Time", "Open", "High", "Low", "Close", "EURAV", "USDAV", "JPYAV", "CHFAV", "GBPAV", "AUDAV", "CADAV");
for(int i=iStart; i>=iEnd; i--)
{
string sDate = TimeYear(Time[i]) + "/" + TimeMonth(Time[i]) + "/" + TimeDay(Time[i]);
string sTime = TimeHour(Time[i]) + ":" + TimeMinute(Time[i]);
double EURAV = iCustom(NULL, iperiod, customind, 0, i);
double USDAV = iCustom(NULL, iperiod, customind, 1, i);
double JPYAV = iCustom(NULL, iperiod, customind, 2, i);
double CHFAV = iCustom(NULL, iperiod, customind, 3, i);
double GBPAV = iCustom(NULL, iperiod, customind, 4, i);
double AUDAV = iCustom(NULL, iperiod, customind, 5, i);
double CADAV = iCustom(NULL, iperiod, customind, 6, i);


FileWrite(handle, sDate, sTime, Open[i], High[i], Low[i], Close[i], EURAV, USDAV,JPYAV,CHFAV,GBPAV,AUDAV,CADAV);
}

// ファイルクローズ
FileClose(handle);

MessageBox("End of Output csv file");

return(0);
}
================================================================

このスクリプトでエクセル化した『Ku-chart』です。

kuchart20111027.JPG

さぁ、解析しませう。

ちなみに、CSVファイルは 『・・・\MetaTrader 4\experts\files 』 に生成されます。
さらに、外部変数を書き換えれば『汎用スクリプト』としてもツカエます。


*追記*
実はSeesaaは直接ファイルをアップできる仕様でした(汗)
ダウンロード可能としましたので、 必要な方は 右クリック → 名前をつけてリンク先を保存 してください。

KuChart_CSV_Output(7Pair).mq4

ラベル:Ku-Chart
posted by Curry_FX at 00:43| Comment(8) | Ku-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

Ku-chartはやっぱすごい

Ku-Chart、欠かせないものになりつつある。
誰かが「本質的にチャートを何枚も見るのと変わらない」と批評していたが、一瞬でそれが出来るのがまず便利だろ。

そして「未来を計るものではない」というコメントもある・・・その通り。
ただし、○○○○○○の可能性は読み取れる。

それでも充分なエッジだ。
ありがたや。

20111018_1.gif
この状況では、円買いなら相手は何でもとりあえず儲かってはいる。

ラベル:Ku-Chart
posted by Curry_FX at 05:31| Comment(4) | Ku-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。