2011年10月04日

未来予測可能? ang_PR (Din)-v2

回帰分析を使って未来予測する夢のインジケーターです。
作者様ありがとう。
未来さえ読めれば勝ったも同然!

ang_PR (Din)-v2には外部パラメーターが3つ。

hours = 24;
m = 3;
i0 = 5;

hours は計算期間。
m を上げるほど回帰曲線が直線から高次な曲線になる。(max=8?)
io を上げるほど予測の線が長くなる。

って感じみたいですね。

20111004_2.gif
m=1 iO=5

20111004_1.gif
m=5 iO=5

はっはっは。
どう使います?これ。

パラメーター依存が大きいので、当然ながら未来が読める!というものではないね。
とりあえず m を低い数字にしておけば方向性はわりと素直に判断できると思われ升。
相関係数が最も高い m で自動リペイントする、という機能とかあれば使いやすかったかも。


それにしても回帰分析系のインジケーターは面白い。
相場の方向を見るにしても移動平均系よりいいかもネ。


(追記)
ちなみにその後どうなったかといいますと、こうでした。
(黄色縦線が前回チャートの終端)

20111005_1.gif

なるほどぉ。



ラベル:ang_PR (Din)-v2
posted by Curry_FX at 06:01| Comment(0) | EA&Indicator Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

b_Regression_Analysis 重ねがけを喰らえ!

FXブログを巡っていると「活動停止」になっているところもチラホラ出始めましたね。
この円高も下手したらまだ序の口でしょう。
退場するには早いですよ。
・・・まぁいいや。

えっと、最近ハマッている「b_Regression_Analysis」ですね。
計算期間を変えて重ねがけすると、面白い結果になることに気が付いたので報告しておく。

20111001.gif
↑dp_limiter=800, 62, 21 の Fibo number 3連コンボ。 

リペイントありとは言え、デカイスパンにしておけばそうそう動かん。
そして大きく全体を見ながらインナートレンドを見ていく。
重なったあたりでポジをとると相場の反転に上手く乗れるかも?

endpos を 0 より大きくセットしてディレイを見るのも面白い。 

稼げるかどうかはともかく、このインジケーターはとても遊べる。

posted by Curry_FX at 23:27| Comment(0) | EA&Indicator Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

b_Regression_Analysisって最強なの?

チャート毎に最適な回帰分析をしてくれるインジだそうですが、どうなんでしょうねぇ?
技術レベルは高そう。

dp_limiter が「計算期間」
endpos が 「最後のBarからいくつ遅らせるか」
multStdDev が「バンドの広さ」

multStdDevのデフォルト設定が 1.96 というハンパな数字なのはナゾですね。。 
正規分布での発生率95%にあわせているだけですね。


20110928_2.gif
dp_limiter=100 

20110928_1.gif
dp_limiter=200


基本、バンドに触れたら逆張り、なんでしょうか? 
使えそうな感じはします。
リペイントには注意ですね。

↓mqlソースはこちら
http://www.mql4.com/users/barmenteros

効率化レシオのインジなんかも置いてありますね。

posted by Curry_FX at 00:45| Comment(0) | EA&Indicator Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

便利かも知れない 00-Line-man

カリスマブロガー・ダブルオーさん謹製のインジケーター。
UPフラクタル、又はDOWNフラクタル同士を結んでトレンドラインにしちゃえ、っていう発想です。

フラクタルはパターン認識系のインジケーターとして貴重。
少し遅れるが、天底は掴みやすいので、繋げればサポート・レジスタンスを拾ってる可能性が高いのではないか。
Line-man が勝てるシュチュエーションというのはわりと多いのではないか。

ダウンロードはこちらから。
http://kimama00.atgj.net/Entry/27/

20110919_1.gif
↑上手くいった例。この後、更に100pipsほど下げました。

使い方は通常のトレンドラインと同じ。
ライン際での反発狙いの「逆張り」、ラインブレークした後の「順張り」という風に使う。

ラインの角度が浅い場合はダマシになりやすいそうな。


posted by Curry_FX at 23:25| Comment(0) | EA&Indicator Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

究極のEA? 【Wrath of God】

EA:Wrath of God

通貨ペア EURUSDfxf. (Euro vs US Dollar)
期間 5分足(M5) 2008.08.01 00:00 - 2011.08.30 23:55 (2008.08.01 - 2011.08.31)
モデル Every tick (the most precise method based on all available least timeframes)
Initial deposit 10000.00
Total net profit 14476353.00
Gross profit 14543278.00
Gross loss -66925.00
Profit factor 217.31
Expected payoff 1975.48
Absolute drawdown 50.00
Maximal drawdown 2140.00 (0.01%)
Relative drawdown 5.07% (620.00)
Total trades 7328
Short positions (won %) 6278 (96.45%)
Long positions (won %) 1050 (57.52%)
Profit trades (% of total) 6659 (90.87%)
Loss trades (% of total) 669 (9.13%)
Wrath of God.gif

※爆益ですが、ナンピン・トラリピ型ではありません。

このEAが欲しい!
という方は curry.com まで。
公開してません。

…遊んでるとたまにこういうのが出来るんだよな。

posted by Curry_FX at 22:36| Comment(3) | EA&Indicator Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。