2013年01月09日

ダウその他との連動

こちらの記事を読んで・・・

http://blog.livedoor.jp/rau2rau2/archives/51583366.html

ダウその他との連動を見ながらFXしてる専業さんが、コメントで細かい手法を聞いてきた初心者さん? をボロクソにけなしていたのをふと思い出しました。

ブログ名は忘れたけど、実際どういう手法だったのかな。。


あとそれにちょっと関連する話。
faiさん作のKu-chartや派生品のCu-chartの場合、Barヌケがあると近傍のプライスを拾ってくる仕様になってます。
なもんで、取り扱い時間外は最後のTickカウント時のプライスで変化率が固定になり、Tickがなくても抜けて詰まることはありません。

20130109_1.gif
Cu-chartでドルストレートを俯瞰。
GOLD : CAC40先物反転 (#FCEH3 Reverse Mode) に着目

しかし、メインチャートに「取扱時間が限られているもの」を持ってくると、メインチャートの取扱時間外のその他の動きはバッサリ割愛されます。

ごちゅういを。



ラベル:Cu-chart
posted by Curry_FX at 07:25| Comment(7) | TrackBack(0) | Cu-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く関係ないかもしれないけど
昨日のロンドン時間、ポンエンやユロエンが
ほとんど動かなかったのはなぜだろう。。。

そもそも、相場ってどんな時に動くんだろうと思いました。
やっぱり、明らかにBigPlayer、動かしているひとたちがいて、その人の思うがままなのかもしれないと。。。

cuchart に関しては、前回保留中><
資金の流れが止まっている時は、他の市場にお金が流れていて、それで止まっているのかなとか
考え中。。。。
Posted by L at 2013年01月09日 08:30
>ダウその他との連動について

個人的な経験からですが、ku-usdとダウ先物は相関が高いことが多いが、常に高いとは限らない・・・当たり前ですが(笑)

なので、ku-power同士やダウ先物とku-powerにおいて、見せかけではない相関係数を使うことは、それなりに効果的かと。
過去数時間から数十時間、相関が高ければ今後も相関は高い可能性があるという程度のことにすぎませんが。
Posted by とまと at 2013年01月09日 10:41
こんにちはです。

ku-powerは現在の相関を見るのに役立つなーと思います。ダウとも連動しているのですね。
自分は、usd-jpyなどの 
普通の通貨の相場を分析して
相関が どうなるのか 読みながらやってます

一つ質問なのですが
いつも ku-usd ku-jpy など8通貨分を表示しています。
なので、今日の午前などは
jpy と nzd で交換があったのかなってすぐわかるんですが

nzd ,chf , cad を非表示に5通貨だけを表示しておくと
jpy だけが変動して、何が交換されたのかわかりません。

こういうのってバグなのでしょうか。
例えば、8通貨表示していても
jpy だけが動いている時があります。
こういう時は 他の市場と何かが交換されているのかなって考えるのですが これってあってるのでしょうか。
Posted by L at 2013年01月09日 17:56
みなさん、こんばんは。

Lさんの下記見解については、グラフの見かけ上そのように見えてしまうということではないでしょうか!
>例えば、8通貨表示していても
>jpy だけが動いている時があります。
>こういう時は 他の市場と何かが交換されてい>るのかなって考える

8通貨表示にして1通貨動いているようにみえても、ようくみると残りの7通貨は少しずつ逆に動いてませんか。

Ku-chartは、use設定にしている通貨においてku-poserの合計(上乗せが0の場合)は0になるはずです。

例えば、メジャー取引通貨のEUR、USD、JPY、GBPの4通貨をTureにした場合、この4つの系でされた対数変化率がku-powerとして現されることになります。EURが5分間に+20動いていたら、USD、JPY、GBPの合計値は-20動いているはずです。

表示をfalseにした場合は、その通貨は計算の系にはカウントするが、ラインを表記しないだけです。

これを利用すると、自分が特徴や相関を見たい通貨ペアだけをTureにすれば、その系が計算・グラフ表記できます。

自分はその法則を積極的に流用・検討しています。

以上が自分の見解です。的外れの趣旨でしたらすみません。

Posted by at 2013年01月09日 21:27
すみません。先の記事に名前を記載していませんでした。
Posted by cashio8 at 2013年01月09日 21:29
Lさんへ

>相場ってどんな時に動くんだろうと思いました。

うーん。。

儲けたいとき、損切しなければならないとき、通貨の場合は取引上の必要で交換する必要があるとき、とか。。


>いつも ku-usd ku-jpy など8通貨分を表示しています。
>なので、今日の午前などは
>jpy と nzd で交換があったのかなってすぐわかるんですが
>nzd ,chf , cad を非表示に5通貨だけを表示しておくと
>jpy だけが変動して、何が交換されたのかわかりません。


Lさんの使っているKu-chartの種類は分かりませんが、cashio8さんの説明にあるようにKu-powerの計算から除外する Use*** と、線の表示のみ消す Show*** の違いだと思いますね。

この辺をご参考に。
http://curryfx.seesaa.net/article/254129754.html

なお、faiさんオリジナルには Use*** しかありません。
Show*** はIndexesv7Lや、とまと専用ku-chart mk2以降についてます。


>例えば、8通貨表示していても
>jpy だけが動いている時があります。
>こういう時は 他の市場と何かが交換されているのかなって考えるのですが これってあってるのでしょうか。

通貨合成版の ku-chartでは Ku-jpyのjpy成分は 「usdjpyのみ」 に依存してます。
つまり、正しい計算であれば usd/jpy が動かないと Ku-jpy も動かない仕組みです。
usd/jpyが動けば、Ku-usdも動くはずですからね。
21ペア版でも基本的には同じ。

cashio8さんの指摘にあるように、その他が全体的に微妙に上がってないですか?
Ku-JPYはそういう動きが多いですが。

そうでないなら、本当にバグっている可能性アリですね。

Posted by Curry_FX at 2013年01月10日 07:29
とまとさんへ

相関係数は、先行性や遅行性までは教えてくれませんが、論理的に考えれば多少精度を上げることが出来るんじゃないでしょうか。
そう思ってます。
Posted by Curry_FX at 2013年01月10日 07:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。