2012年08月08日

妄走オシレーター限界突破せよ!

オシレーターは、大枠で言えば一定期間の高値・安値間のプライス位置を比率化したもの。
(詳しくはこのへん)

つまり、MAにHLバンドを追加して比率を目測すれば、オシレーターを見ているのとだいたい同じ意味になる。

以下、なんの変哲もないTEMA に HLバンドを追加したもの。


20120808_2.gif
MA=20 HLBand_Priod=20


20120808_1.gif
比較の為にストキャスを追加 %K=20 %D=19

大体あっているな。
まぁ、同じ4本値から導かれているんだから当然か。

上の画像は割と当てはまりが良く見えるが、いつトレンドが終わるかはわからない。
単純にあるレベルで逆張りしていればOK、というものではないかと。


今回使ったインジケーターをこちらに置くので、欲しい人はどうぞ。


TEMA_HL.mq4


なお、期間の異なるHLバンドを複数乗せれば、異なる設定のオシレーターを重ねて見るのとだいたい同じ。



ラベル:オシレーター
posted by Curry_FX at 06:47| Comment(5) | TrackBack(0) | Original Indicator | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
過去のチャートで見てると、当てはまりのいい場所だけが浮き上がって見えちゃうんですよね。
レンジの時は売りも買いも取って、トレンドモードの時は押し/戻りを狙いましょう、みたいな。

そういうチャートを載せてさも儲かるように書いてるブログがよくありますけど。。

「※個人の感想です」

ってテロップ流したくなりますw
Posted by 熟ちょう at 2012年08月08日 20:13
熟ちょうさんへ

>当てはまりのいい場所だけが浮き上がって見えちゃう

ルール化とバックテストが必要な所以ですね。


>そういうチャートを載せてさも儲かるように書いてるブログ


実際問題、規約に反しない限り、何を書こうが自由なんですよね。
そして、読み手の解釈もまた、自由であります。

インチキ記事には「故意」と「故意でない」パターンがあります。

前者は何らかの形でブロガーの(トレード以外の)利益と結びついているので判別が容易。
(ステマ含む)
後者の場合、書いている本人は純然たる親切心を持っていて、自分で分からず危険な方法や無意味な方法を勧めている場合があります。

こう言う人は、普通のやり取りをしている限りは良識を備えた善き友人であったりするのですが、「それ」と「これ」は読み手の判断で切り分ける必要があると思います。

Posted by Curry_FX at 2012年08月09日 06:27
恥ずかしながら私も、最近釣られましたORZ
ブロガー氏曰く1時間で50PIPS獲得したというスキャルでした。故意なのか過失なのかは不明。
Posted by とまと at 2012年08月10日 08:02
とまとさんへ

サムシング(複数)と組み合わせれば、FXのオシレーターは強力だと妄想します。
ただし、サムシングについて論理的な説明がなきゃ、わたしゃ〜納得しませんけどね。

ttp://d.hatena.ne.jp/fai_fx/20111006/1317828098

ちなみにこちらのSeさんのコメントが俊逸です。
Posted by Curry_FX at 2012年08月10日 23:07
ダウンロードさせて頂きました。
ありがとうございます。
Posted by たかゆき at 2013年11月03日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。