2012年08月06日

大それたインジ(仮)

Ku-powerを分析して売買シグナルを出すインジケーター。
大それたインジかっこかりとらいある。 

アレに組み込まれているプロトタイプ…のお試し版。


201200806_4.gif
見た目はシンプルだが、裏ではKu-chartのフル計算+シグナル判定を行っている。

表示されているのは、上から順に「基点時刻,MA計算期間,各Powerのシグナル」です。


201200806_3.gif
Ku-powerと同時に表示したところ。

なお、シグナルの判定方法は画像を参考に考えてみてくださいませ。



■追加パラメーター説明
Diff = 0; 逆行に対する不感帯
XDISTANCE = 3; シグナルのX座標
YDISTANCE_SPAN = 30; シグナルのY座標表示間隔
FontSize = 20; シグナルのフォントサイズ
SetCORNER = 1; シグナルの表示コーナー(左上=0, 右上=1, 左下=2,右下=3)


その他は Ku-chart-Maker2a_mod_T2_R_Lite_Reverse_a.ex4 に時間指定の機能を追加したもの(Time2)と同じ。

留意点としては・・・

・シグナルは4つのみだが、計算は8ペアで行っており、計算除外するとシグナルもグレーに変わる。
・シグナル計算上、0を下廻るとなにかと面倒なので、ZeroLevelShiftで各Powerに下駄を履かせている。
・Lite版がベースなので、外部チャートは出力しない。
・LongTermMode、週次解析ともに可能。



■その他
すみませんが以下の機能制限があります。

・シグナルは4Power のみ
・MA期間は 2-35 のみ。
・SMA固定

自分で作ってみようかな、という方は、icustomと組み合わせて汎用性を高くするとハッピーかもしれず。



■ダウンロード
いつものルールで。

・「完全自己責任」
・「faiさんのブログ・ツイッター等でここの内容の質問をしないこと」
・「商用利用禁止」

V00 はシグナルのみで、V01 はKu-chartも同時に表示するタイプです。

Ku-chart-MA_Signal_V00a.ex4
Ku-chart-MA_Signal_V01a.ex4

よろしくね。


※2012.8.6.19:50 ReverseModeをオミットしたバージョンに差し替え




ラベル:Ku-Chart
posted by Curry_FX at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Ku-chart改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

この着想なかなか良いと思いますよ♪

ところでv01なんですが、MAを極端に短くして一瞬見ただけですが、どうもKu-Power全体がリバーサルになっているような・・・。

ソースがないので詳細が分かりませんが、一度確認してみてくださいな。

Posted by くーちゃん at 2012年08月06日 14:05
くーちゃん様へ

コメントありがとうございます。
やはり、本家の方にそう言っていただけると嬉しいものですね。

実際にはもうひと捻りしてます。


>どうもKu-Power全体がリバーサルになっているような・・・。

ありゃ! 
…ご指摘ありがとうございます。

しかし、同じ過ちを2度繰り返してしまうとはイカンですね。
"本質安全"ということで、ReverseModeをオミットしたものに差し替えておきました。

Posted by Curry_FX at 2012年08月06日 19:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。