2012年05月30日

Cu-Band

Cu-chart の応用例その2。
対数変化率チャートに対応する移動平均と標準偏差バンドを表示。
読みは "きゅーばんど" です。

20120530_1.gif
Long Term mode 基点=100

対数変化率の標準偏差ということで、いわゆる「普通に使われるボリバン」より妥当かも知れず。


20120530_2.gif
↑日時解析mode。解釈は各人にて。


■使い方
基本的には Cu-chart_Lite と同じ。
追加の外部パラメーターは以下3つ。

extern int MAMethod //移動平均計算方法
extern int MAPriod //移動平均計算期間
extern int STDPriod //標準偏差計算期間

補足として・・・
Long Term mode の場合は指定した基点を 対数変化率 "0" として計算。
日時解析mode の場合は24H毎に基点を 0 リセット。
(EMPTY_VALUE は入らない)
標準偏差バンドは 1σ、2σ、3 σ固定で変更不可。


■ダウンロード
使ってみたい、という方は下記使用条件について了解頂いたうえ、ダウンロードしてくださいませ。
・「完全自己責任」
・「faiさんのブログ・ツイッター等でここの内容の質問をしないこと」
・「商用利用禁止」

Cu-Band.ex4
Cu-Band_v01.ex4(2013.9.26差し替え・ 線種変更可)

よろしくね。

 


posted by Curry_FX at 07:01| Comment(22) | TrackBack(0) | Cu-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カレーさん、ア・バオア・クーとでもいうべき辺境ブログへの御遠征有難う御座います。

もう少し、とまと専用ザクでねばってみたいと思います。

cu-chartは、サイコミュ搭載のニュータイプの感じが致します。
Posted by とまと at 2012年05月30日 23:40
こんにちは、最近ku_chart見方がわかったおかげで勝率が上がって来ました。

そして、過ちも一つ気づいてしまいました。
その過ちとは・・・
cu_chartで例えばWTIやSGを見たとしても
それでドル円やら、ポン円が牽引されたり、されなかったりすんですよね。
そもそも、kuchartはAUD,USD、JPY,GBPに絞って
その中での純粋な強さを表示しているから
USDのみ JPYのみをみてトレード判断ができるんですよね。

ということは・・・cu_chartでWTIやらSGみても
意味がないんじゃ・・・ただの一日の変化率であり、相対的な強さとはいえないんじゃ・・・
せめて、AUD,USD、JPY,GBPの中に入れて計算しないと意味がないんじゃ・・・と思っているのですが

どうでしょう・・・・
Posted by L at 2012年05月30日 23:51
とまとさんへ

どちらかというとモビルスーツのフレーム的存在のような気が・・・。

それと「ペタ」はアメーバ名物なので、ランキングが上がると比例して増えます。
自動ツールなんかもあるようですし、あまり気にしないほうが吉ですよん。

Posted by Curry_FX at 2012年05月31日 02:51
Lさんへ

わたしは例えばUS30が相対力になっていないから無意味である、とは考えてませんが、見た目を「相対力化」することは簡単に出来ます。

何でもいいですが、合成通貨版のKu-chartのCodeを少し書き換えて、例えば「CAD/USD」のデータを拾いに行く代わりに「WTI/USD」やら「XAU/USD」などのドルストレートを拾いに行かせればOKです。

Posted by Curry_FX at 2012年05月31日 02:57
どうも返信ありがとうです。

昨日のAUDの指標なんかがそうなんですが
AUDが暴落して、AUDUSDやらAUDJPYが軽く暴落したんですね。
その時に、EUR,GBP,USD、JPYは全部AUDの真逆にいったんです。
だから、AUD、USD,JPYだけ見ておけば、AUDJPY、AUDUSDの値動きがわかるよなーって思うんですが

cu_chartでWTI、Dowが暴落しても、JPY,USDが真逆、もうしくは相対的にに動くのかな?ということなんです。
WTI単体が下落するだけで
これが下落するからって、他に何か動くのがあるのかな・・・と・・・

と考えていても何もわからないので
素直にカリーさんに教えていただいた組み込み方
ちょっと実践してみます。

アドバイスありがとうございます!
Posted by L at 2012年05月31日 09:06
今 ふと思いだしたのですが

カリーさんが作った トマト専用kuchart
というのは、
トマトさんはダウメインで考えていましたよね。

これはkuchartに先物を組み込んだバージョンなのかな
Posted by L at 2012年05月31日 09:15
Curry_FXさん

ブログ一周年おめでとうございます。
ブログを続けるというだけでも大変なのに、それに加え有益な情報も発信されていてとても尊敬いたします。
今後もよろしくお願いします。


Lさん

横レスですが、ダウとか取り込んでいない身なので偉そうな事は言えませんが、ダウや石油を各通貨パワー算出の計算に入れると通貨パワーでなくなりますし、計算式にいれると無理矢理相関づける結果になると思うんです
通貨と先物と一緒にするのではなく、別にして相関を見るのがいいと思います。
ただ、自分はそういう使い方してないので合成すると何かが見えるのかもしれません
Curryさんのブログにそれに言及したエントリーがあったようななかったような・・・・
Posted by KEISHO_MAN at 2012年05月31日 10:05
カレーさん、アドバイス有難う御座います
あまり気にしないことにします
ランキングにも参加してカリスマ・デモトレーダーを目指したいと思います(笑)

Posted by とまと at 2012年05月31日 10:12
KEISHO_MANさん 
やっぱりそうなりますか・・・
コメントありがとうございます。
Posted by L at 2012年05月31日 20:58
Lさんへ

基本的にはわたしもKEISHO_MANさんと同じ考えですが、やってみたら意外と良かった・・・ということはあると思います。
結果報告を楽しみにしております。

あと、そもなぜUS30やWTIと併せ見るのか?という点についてはPhaiさんのこちらのエントリが示唆的です。

ttp://fxfxtrade.blog81.fc2.com/blog-entry-113.html


>カリーさんが作った トマト専用kuchart というのは
>トマトさんはダウメインで考えていましたよね。
>これはkuchartに先物を組み込んだバージョンなのかな


Ku-power の計算に US30 の結果が反映されているか?という意味の質問だとすれば、答えは「No」です。
期間限定配信したものは、単に「1つのシンボルの対数変化率チャートを Ku-powerと一緒にサブウィンドゥに並べるだけ」です。
つまり、現在公開中の【Cu-chart_Lite】を併用すれば、同じか、それ以上の事が出来ます。
Posted by Curry_FX at 2012年05月31日 21:09
KEISHO_MANさんへ

尊敬だなんて・・・もっと言って(おぃ

丁寧なコメントをしてくださったおかげで、書く文章が減りました(笑


>合成すると何かが見えるのかもしれません


わたしが試行したのは、合成ではなくて除外です。
どうかと思いましたが、実践的にはなかなか良いようです。

Posted by Curry_FX at 2012年05月31日 21:38
とまとさんへ

微力ながら応援させていただきます。

しかし誰も Cu-Bandについて触れてくれません。
ちょっと寂しい。
Posted by Curry_FX at 2012年05月31日 21:41
 一周年おめでとうございます。
 カレーマンさんが作成されたインジ使わせてもらってます。くーchartを知った時、これはブームになってしまうな・・と思ったのですが、大衆受けしないようで、ホッとしています。私は頭が悪いのでカレーマンさんとKu-Chart愛好家の方々には、ほんと感心させられます。おかげで無駄打ちが減りました。感謝しています。
 私は週に2回はカレ−を食べます(レトルトですけど)。
 ブログ記事楽しみにしています。
Posted by へぼなっち at 2012年06月01日 04:04
へぼなっちさん、ご報告恐れ入ります。

できれば、「どの」インジケーターを「どんな風」に使っているのか、教えてくれると喜びます。
自作した物については当然「中身」は分かっているのですが、時間的制約で検証が出来てないこともあります故に。
場合によっては改善版が出来るかもしれません。

>おかげで無駄打ちが減りました

なるほど。
おそらく、頭が悪いということは謙遜されてのことでしょう。

レトルトカレーもコストを考えればすばらしいと思いますし、自分も時折食べてます。

今後ともヨロシクです。
Posted by Curry_FX at 2012年06月01日 07:29
1周年おめでとうございます<m(__)m>
カレーマンさんは、ブログを常時更新してて、内容も高いレベル維持してる。ほんとに頭が下がります<m(__)m>

【Cu-chart_Lite】はドル基準でコモディティ比較したりするのに使うのがいいかなーって思います。(確認はまだしてません><)
1バレル**ドル、1ブッシェル**ドル、1トロイオンス**ドルだからドルが共通してますからね。

cu-band頂きました!
こういうの作りたくてコセコセ勉強してたんですが、もう作らなくて良くなりました^^

Posted by 熟ちょう at 2012年06月01日 11:54
>通貨と先物と一緒にするのではなく、別にして相関を見るのがいいと思います。

この方式は、私が約半年間ずっとやってきたものでございます。

しかし、カレーさんの御力によりku-chartにダウ先物が入り、更に、ダウ先物からusd成分を除いたものとku-power、特にku-usdとの相関を見ると、裁量派にとっては、今まで見えなかったものが見えるようになった感じが致します。

よって、cu-chartはスゴイ可能性を秘めていると思われます。
Posted by とまと at 2012年06月01日 23:23
塾ちょうさんへ

ベースが同じものであれば並べてみる意味はありますね。
小技として、USD/JPYで割って「円建てチャート」にしてみる、何てことも簡単に出来ます。


>こういうの作りたくてコセコセ勉強してたんですが、もう作らなくて良くなりました^^


ただ今よりしばらくの間、Cu-Bandのダウンロードを『mq4』に差し替えておきます。
なにかの参考になればよいのですが。

また、このインジケーターを短い時間足で使う場合、MAとSTDの計算期間設定が大切だと思ってます。

Posted by Curry_FX at 2012年06月02日 21:33
とまとさんへ

「Cu-chart」を使えば「Ku-Power」の計算も出来ますし、他にも使い道は色々あると思います。

『儲かりそうな』使い方を見つけたら教えてね☆(おぃ 

Posted by Curry_FX at 2012年06月02日 21:36
>『儲かりそうな』使い方
アイデアレベルで、単なる思いつきなんですが、ダウ先物のUSD成分除きに活路を見出した者にとって、次は、日経225のJPY成分除きとダウ先物のUSD成分除きの相関を検証したいと思います。無駄かもしれませんが・・・
KU-CHARTは、無名数、RAWDATAにすることがその真骨頂であると考えると、合成よりは分解が吉ではないかと妄想。
Posted by とまと at 2012年06月03日 09:36
とまとさんへ

この件についてはほぼ私信になるので、別の所に返信させていただきました。

Posted by Curry_FX at 2012年06月04日 03:38
はじめまして。「のあ」と申します。
数々の素晴らしいインジケーターの公開をありがとうございます。MT4に関して、検索すると、ほぼ必ず行き着くのが、faiさん、Curry_FXさん、です。また、サイトに数々のコメントを寄せておられる皆様方のコメント内容も興味深く拝読させてもらっております。ありがとうございます。

裁量のトレードを趣味で楽しんでおります。ほったらかしのトレード口座は順調ですが、(順調になっただけで、当時はあきらめようかと思っておりました)裁量のスキャル、デイトレのお勉強用口座はトホホです。安定しないです。しかしながら、ようやくにして、コツを掴んだと思う今日この頃です。だったら、いいな(笑)

サブチャートに表示するインジケーターとして、是非、Cu_Bandを使いたいのです。ダウンロードさせていただきましたが、時間が経過すると、ラインがずれてきます。そこで、MT4付属のMAをかぶせてみるとバンドの表示ともどもよろしいのではないかと思い、初期設定の色のOrangeをNoneとしました。ところが、時間軸を変えたりすると、初期設定通りにOrangeになります。好みのライン、色に変更し、それを維持してくれるようにしていただけないでしょうか。お願いします。Cu_Band以前は、全てMT4付属のものを使っていました。OBVにRSIをかぶせてBandsをかぶせてMAをかぶせる、というものです。我が儘なお願いですが、ご検討くださいませ。よろしくお願いします。

お願いを叶えてやろうということであれば、恥ずかしながら、私のコツを差し上げたく思います。Ku_Chart、Cu_Chartに関係のないコツで、全く見合うものでなく申し訳ないのですが、よろしくお願いします。
Posted by のあ at 2013年09月24日 17:56
のあさんへ

はじめましてです。

>時間が経過すると、ラインがずれてきます。

ずれてくる?
それだけの情報だと何が問題かちょっとわかりませんね。

>時間軸を変えたりすると、初期設定通りにOrangeになります。

これは「色の設定」ではなく、「パラメーターの入力」→indicator_clrX  の項目で色を変更すれば時間を変えても色を保持します。
しかし線種の変更は出来ないので、保持できるよう改良した V01 に差し替えておきました。

Line_styleX を弄ってみてください。 0:実線 2:破線 です。  

Posted by Curry_FX at 2013年09月27日 00:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。