2012年05月19日

エネルギー?


某所より原文そのまま。

>100円→80円まで下がるというのは、割合にすると20%のマイナスです。
>ところが、80円から100円に値を戻す時の割合というのは、実は20%ではありません。
>80円の20%増は96円です。
>80円から100円に戻すためには、25%のエネルギーを必要とするのです。
>このように一度値下がりしてしまうと元に戻るためには、より大きなエネルギーが必要であるということが分かってもらえると思います。


計算はあっている。

しかし、より大きなエネルギーが必要である・・・という部分については「わかってもらえていません」。

 


posted by Curry_FX at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | チョイ辛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
より大きなエネルギー?
増減した絶対エネルギー量は同じなので、より大きなエネルギーが必要というより、現存エネルギー量においての元に戻すために必要な割合が大きくなるという事ですよねぇ。

割合だとそうなるので、アレな処理を推奨されているわけですが、ちょっと気になる事があるので、当方はアレな処理は最近していません。
Posted by KEISHO_MAN at 2012年05月20日 19:56
KEISHO_MANさんへ

Pips差で表せばどちらも「200」ですけどね。

元の記事は「ナンピンがいかに合理的か? 」ということを伝えたい感じのコンテンツでしたが、内容的には「率」を使用する必然性はなかったような。

Posted by Curry_FX at 2012年05月20日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。