2012年04月01日

老眼対応Ku-chartへの改造

Ku-chartの線を太くしたい場合はどうすればいいのか。
さすがに「インジケーター線の太さくらいなら自分で変更出来る」と言う人は多いと思うけど・・・


#property indicator_width

SetIndexStyle



ふつう、線の太さの指定は上の2つのどちらかで行われている。
faiさん Kuchart の場合では後者の方式なので、下から3行目を・・・


//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator initialization function |
//+------------------------------------------------------------------+
int init()
{
//---- indicators
SetIndexStyle(0,DRAW_LINE,EMPTY,GetWidth("EUR"),Color_EUR);
SetIndexBuffer(0,EURAV);
SetIndexLabel(0,"EUR");
      ;

以下のように変更する。

SetIndexStyle(0,DRAW_LINE,EMPTY,2,Color_EUR);

これで EUR-Power の線幅は "2" 固定となる。
ただし、この改造だと折角搭載されている「選択通貨ペアの線の太さを強調してくれる親切機能」が死んでしまう。
機能を活かしたまま変えるには・・・


//+------------------------------------------------------------------+
//| Custom indicator iteration function |
//+------------------------------------------------------------------+
int GetWidth(string sym1){
int index = StringFind(Symbol(),sym1);
if(index == -1) return(1);
return(SelectedLineWidth);// 選択通貨を含む場合のみラインを太くしている。
}

ここが選択ペアの判別をしているルーチンで、非選択ペアの線太さを設定しているのは下から3行目のリターンの部分。
よってここを変える。

if(index == -1) return(2);

これで非選択ペアの線太さが 2 となる。


20120401.gif
↑老眼仕様のKu-chart が完成


簡単な改造は自分でやれる程度に Code齧っておくとノン-ストレスでしょう。
自分は豊嶋先生の本でベンキョーしたクチです。


ラベル:Ku-Chart
posted by Curry_FX at 07:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Ku-chart改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有り難う御座います
助かります(笑)
Posted by けー at 2012年04月01日 14:28
極彩色の世界へようこそ!
ってな感じで、3以上の太さだと自分にはみづらいです。
Posted by Curry_FX at 2012年04月02日 06:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。