2012年03月31日

Bcartっぽいインジ

Bcartっぽいインジ。
なんか、そんなネタばっかだけど。
「R for MT4」が重くて入らない・・・という方が雰囲気を楽しむ用です。

20120330_2.gif
逆張リスト御用達の AUD/NZD 。

これみてなんか簡単に勝てそう(ハート) と思った貴方は危険がアブナイ。
エンベロープはBarごとに伸縮します。
しかし『使い方』というものはあるでしょうね。

ちなみに本物はこちら
応答性がまるで違うので、明らかに "ニセモノ" です。


20120330_1.gif
↑EUR/USD

■パラメーター説明
MA_Period ;移動平均の算出期間
Type ; Barの計算方法 (デフォは終値)
MaxBars ;最大表示Bar数
Ratio ;フィルター強度
Envelopes ;エンベロープ表示のON・OFF
STD_Period ;エンベロープの計算期間
STD_double ;エンベロープ幅の標準偏差


↓ダウンロードはこちら
Bcart_Imitation.ex4


Codeは公開しませんが、タネを明かすと反応の早い移動平均に対して強烈なフィルターを掛けています。
息抜きに作ったものですが、それなりに雰囲気出てて面白かったのでご紹介でした。


なお、Bcart以外で「R for MT4」導入インジと似た挙動を示すノーマルインジとしては
Regression_Channel_V2 や b_Regression_Analysis などがあります。



ラベル:Bcart
posted by Curry_FX at 06:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Original Indicator | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BTLMではなく、BCARTとは・・・
個人的には、BTLMよりBCARTの方が使いやすい感じが致します。でも低スペックなPCだと重たいです。
Posted by とまと at 2012年03月31日 09:50
とまとさん、実はこのインジケーターもそれほど軽くないです。
Barが動くたびにエンベロープをリペイントしますので。
Posted by Curry_FX at 2012年03月31日 15:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。