2011年07月21日

スワップ派は誰にもダメージを与えないの嘘

FXはゼロサムゲームだから、キャピタルゲインのトレードでは誰かが得をしたとき、誰かが損をする。
だけどスワップ派は誰にもダメージを与えない…こんなことを書いているブロガーさんを見たことがあるが、んなわきゃない。
インカムがあるならば、原資は必ず必要だ。

ではスワップの原資は誰が払っているのか?

資金の借り手である。

即ち、投資家だったり、運転資金を確保するための経営者だったり。
高金利国で事業を営むものは資金調達の際の高金利に苦しんでいる、ということだ。

高金利政策=インフレ抑制だから、当然、経済の減速リスクがある。

つまり、高スワップ=キャピタルゲインロスのリスクテークプライズである。
つくづく、良く出来ているな。




ラベル:スワップ派
posted by Curry_FX at 02:43| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。