2011年07月20日

THV

平均足と一目均衡表を用いる、「ゆうめい」なMT4用カスタムシグナル。
製作は「Cobraforex」様。

■シグナル概要
1min or 5min チャートにおけるスキャルピング用として設計されたシグナル。
1min足で使う場合は過激なスキャルピングとなり、相応のスキルが必要、だそうだ。

20110720.gif
↑クリック拡大。THV ver4.0 の画面。いかにも勝てそうな感じ?!  


■トレードルール
エントリー条件
・チャートがCoral Lineより上ならロングのみ。下ならショートのみ

エントリーポイント
・チャートが雲を突き抜けた時、又はTrix Lineがクロスして色が同色になったとき
・ゼロレベルと Faster Trix Line がクロスしたポイントが最も確実なトレンド発生サインとなる

エグジットポイント
・Faster Trix Line の色が変わったとき
・主要なサポートライン/レジスタンスラインに到達したとき
・トレンドライン、horizontal psych level(シグナルの一つ)のラインに到達した時に利益確定しても良い
 

ストップロス
・マネーマネジメントプランに従う
・タイムフレームと通貨ペアに従う


■Q&Aより重要事項抜粋
・トレーダーの力量次第でこれらのルールは変更してもよい。
・ニューヨークタイム、ロンドンタイムでのトレードで良好なパフォーマンスを発揮する。
・適するペアはボラティリティの高いペア。開発者はUSD/EUR、AUD/USDでトレードしているようだ。
・ストップロスはタイムフレーム・ポジションサイズによるので一概に言えないが、資産1-2%のプロテクティブストップ以上のリスクは取らないで欲しい


■コメント
いろいろな意味ですげえカスタムインジケーター。(の集まり)
使いこなせば勝てる?!
ダイバージェンスを声(英語)で教えてくれたりするのが便利。
単純にTrixに従って売買するとダマシが多い。
使いこなすのは慣れがいりそうだ。


■THV trix をチャートにドロップしたらヘンな画面になって動きません
単にイントロ表示がされているだけ。
カスタムインジケーターのパラメーター画面で "Intro" を「true」→「false」 に変えれば動く。


■ダウンロードはコチラ。
http://www.forexfactory.com/showthread.php?t=127271

v3とv4、両方あるが、本質的には一緒。
v3の方がやや軽い。
v4の方が見た目は豪華。



ラベル:THV
posted by Curry_FX at 07:04| Comment(0) | EA&Indicator Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。