2014年09月20日

長期逆張り戦略


@流動性が高めで破綻リスクの低い銘柄を選ぶ

A過去N年の最高値・最安値を調べ平均値を算出する 

B平均値で50% 最高値0%、最安値100% となるよう売買(リバランス)を行う
(レバレッジは1) 


例1) 最安値圏(100%ゾーン) = 投入資金の100%で買い付け

例2) 平均値圏(50%ゾーン) = ポジションは50%クローズ

例3) 高値圏(20%ゾーン) = ポジションは20%のみ、残りは現金ポジション


C @〜Bを逆相関の銘柄でいくつか組み合わせて運用する

D運用終了まで10年近辺を切ったら、徐々に買い付けを終了し手仕舞いしていく


小難しい計算は不要で、相場も1〜2週間に一度見る程度でよい。

試される場合はすべて自己責任でお願いします。






posted by Curry_FX at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。