2014年06月01日

世界基準○○

Ku-chart はくーちゃん氏が開発した指標で、通貨ペアを3つ以上で合成し、通貨固有の動きを対数変化率として抽出したものです。

その拡張版として、便宜上「世界基準○○」と呼ばれるチャートを作ることもできる。

これは、CFDなどの銘柄からKu-chartで計算されるQuote側の通貨成分を除外して生成されるものです。


20121214_1.gif
↑世界基準ダウ


ここで、たとえば「世界基準N225」と「Ku-JPY」の相関を監視します。

通常、N225とKu-jpyは高い正相関(反転モードの場合は逆)を示しますが、時折全くの無相関・あるいは、逆相関となる場合がある。

こういう場合、ごく短時間で元の相関に戻って行く(ことが多い) ので、すかさず鞘が閉じる方向にベットしておくと高確率でpipsが稼げます。

なぜこういうことが起こるのか?
考えてみれば、状況によっては理屈(仮説)に納得できるので、この戦法はあり、と判断しています。


ただし。
銘柄と時間帯によって発生頻度や精度はさまざまだし、こういう情報は検索しても出てきません。
誰かから買うか、自分で調べるしかありません。


もうひとつ。
世界基準にしなくても理屈の上ではたくさんのチャートを開いて同時に処理すれば同じことはできる。
だけど、きわめてやりづらい。
Ku-chartならではです。




posted by Curry_FX at 17:33| Comment(26) | TrackBack(0) | Ku-chart | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こく旨カレー

移動の合間に急いで済ませたかったため、吉野家にて。

「こく旨」と「旨辛」の2つが選べ、「こく旨」は普通で、「旨辛」は辛めらしい。
初めてだったんで、こく旨にしてみた。

20140601_115119.jpg
並で350円と激安。
無難な味なんだけど、具材の旨みが出てる感じはある。
かなりおいしいね。

具としてジャガイモとにんじんがゴロゴロと入っているのが特徴だな。
ただ、肉はなかった。

ルー粘度は高め。量的にもよほど腹ペコでなければ並で充分といったところ。
日本風カレーのスタンダードと言った感じ。
食べた後、水を飲めば口の中にあまり匂いも残らなかったんで、ビジネスの合間に食べるのもありかも?

ちなみに、横の小皿は細かく刻まれた福神漬け。
食感が面白い。



posted by Curry_FX at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Curry | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。